FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2010/02
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
けやきライオンズ杯少年柔道大会!
今回は低学年2チーム・高学年4チーム・中学生1チームの 
計7チームが出場!
今年のライオンズ杯は色々な思いの詰まった大会になりました!

実は前日中学校の柔道の試合があったのですが、陽ちゃんが試合で負傷…
ライオンズ杯も無理かな…と思っていたら、
陽ちゃんが『みんなで出られる最後の大会だから頑張りたい!』と
怪我した夜も『明日みんなで頑張ろうぜ!』と電話までしていたことを試合後に知りました。

“…そっかだからあんなにいい試合が出来たんだ!”と思いました。

3人の試合は遠くから見ていても気合のこもった涙ウルウルものの試合。

陽ちゃんは怪我に負けないようにと気合を入れ、ヒロキとハヤトが陽一の思いに
答えようとしているのが本当によくわかりました。

先鋒のハヤトが見事に一本勝ちを決めると、陽ちゃんが痛みを感じさせない攻めの柔道で
引き分け。ヒロキも大将戦・代表決定戦とフルパワーで頑張って戦って
3人での最後の試合を終えました。

結果は1回戦敗退となりましたが、3人の心には強く残るいい試合になりました。

感動の試合をありがとう!3人で試合に出られて良かったね!

blog用 ライオンズ←ゲンちゃんの抑え込み!!!


そして、3月に引越しを控える こだま兄弟、3月に卒業する6年生にとっても最後の
大会となりました。

小さな体で頑張ったけい君・ゲンちゃん・こうのすチーム。準々決勝敗退の時には

悔し涙で目を真っ赤にしていたけど、今までで一番最高のいい試合だったよ!!
きれいな柔道出来てたよ

さゆり・しほ・ようへいチーム。すごいじゃん!勝ったじゃん!頑張ったじゃん!
代表決定戦の旗判定興奮したよ!3人のパワーだよ!

カズ・ハル・ジョウチーム。カズの3戦3勝、ハルキの体当たり勝負、
ジョウの体の大きな選手から技あり2本もとったあの勝負、全部カッコ良かった!

じゅん・ひびき・ささつばチーム3人で力合わせていい試合出来たじゃん!
攻めの気持ちを忘れないファイターの3人チームだったね!

あんみ・そら・あんつばチーム。あなた達は本当に仲良しだね!誰かがダメなら誰かがフォロー!
それぞれの役割ばっちりだったじゃない!
泣きたいくらい悔しくても涙こらえてお互いのことたたえ合ってる姿感動したよ!

わたるくん率いる1.2年生チームも頑張ったね!今度またたくさん練習して頑張ろう!


今回の大会7チーム出場中5チームが3回戦進出
みんなの日頃の頑張りが少しずつ形になってきているように思います

みんなよく頑張ったね 
今回の試合も一生懸命な姿見せてくれてありがとう
次はまた入賞目指して頑張ろう!
トロフィー


みんなの大きな成長が感じられた本当に素敵な大会でした!!
サポートしてくれたケイト君ユウキ君ありがとう
応援に来て頂いたご家族の方々もありがとうございました
スポンサーサイト
嬉しかったこと
今日はとても嬉しかったことがあります。

いつも通り柔道場へ行くと…

4名の子どもたちが打ち込みをしていたんですっ

柔道場に入った瞬間嬉しすぎて思わず…

にやけました(´∀⊂)(笑)


私が打ち込みをしなさいよ、と言ったわけではありません。


子どもたちが自主的にしていたわけです。


誰が言い出したか、それともはじめたのかは分かりませんが

『言われて行う』

『自ら率先して行う』

この二つでは全く異なります

稽古前のちょっとした時間を子どもたちなりに考えて自主的に稽古すること、そのこと自体が大きな変化なんです

子どもたちの中できっと何かが変わってきている。

そう感じた嬉しい火曜日だったのです


ハッピー♪バレンタイン
明日はバレンタインということで、
道場でもハッピーバレンタインになりました

いつもは沢山の男の子たちに押されぎみの女の子達も
この日ばかりは主役

柔道を習う女の子達ってなんだか活発なイメージありますよね?
安達の女の子達ももちろん活発だけど、
それに加えて女の子らしさも満点
今日もそれぞれに手作りのチョコレートやクッキーを
持ってきてくれましたー

チョコレートをデコレーションしてくれた子は
80個もせっせと可愛く仕上げてくれました
BOXいっぱいにクッキーを焼いてくれた子は
朝からオーブンに張り付いて20回もオーブンを
回してくれたとのこと
みんなのことを思って、ワクワクしながら
お母さんと作ってくれたんですね~
お母さん方にも感謝です

そんな手間隙かけたチョコやクッキーも
男の子たちにかかるとあっという間になくなってしまう勢い
群がる男の子たちに圧倒されて、せっかくかわいく作ってくれたのに
写真を撮るのも忘れちゃいました

道場でもチョコバナナを作ってみましたよ
『お祭り以外で見たことねぇー
なんて喜んでもらえてうれしかったな~

口の中もいっぱい、両手もいっぱいにしながら
道場の外でもはしゃぐ男性陣なのでした
バレンタイン①

んん~それにしても女の子達の作ってくれた
お菓子の写真の撮り忘れは痛いなぁ
ほんとにどのお菓子も上手に作ってくれたんですよ

女の子達のおかげで本当にハッピーバレンタインになりました

ありがとう
金曜日だけど…
いつもの金曜日は葉月先生の稽古日なのですが、今日の金曜日は特別に志保先生の稽古になりました


来た子どもたちの反応。
ガラガラ~「こんにちは~!」

①平然。
②ビックリする。
③曜日を確認する。
④なぜ志保先生がいるのか考え込む。
⑤葉月先生をさがす。
⑥顔を見てその場に立ち尽くす。

等々…入ってくる様子は様々でしたがみんなの反応を見ていてちょっぴり笑ってしまいました

みんな反応が素直すぎるっ(笑)


気になる稽古はといえば、今日はスペシャルゲストに高校生のたすく君が来てくれていたので熱気ムンムン

みんなに「たすく君にあたりにイケ~

と言わなくても「お願いしますっ

自らあたりにいく姿を見てみんなの成長の過程を垣間見ることができ、嬉しい気持ちになりました

そして安達柔道場を卒業してもみんなのために来てくれる卒業生に感謝の一日なのでした
昇級試験
小学生の柔道は各柔道場での試験で級を決定します。

安達柔道場では年に2回の試験。

いつも賑やかにしている子供達もこの日ばかりは緊張の面持ちで試験に臨みます。

試験だけでなく、普段の稽古で出来ているかどうかも審査の対象。

安達柔道場では高学年には自分の技術だけでなく、チビちゃん達の手本となる様な姿を

見せられるようになっていくことも課題としています。

子供たちはそれぞれに今出来ることの精一杯をしていた様子でしたが、

指導不足で昇級させてあげられなかった子も何人かいました。


試験終了後、認定証と新しい色の帯を渡して着替え。

嬉しさを隠しきれずニタニタする子はいるものの、不合格だった仲間の心を思い

やったー!!』とはしゃぐ子はいません。

みんなが柔道の“相手の気持ちを重んじる精神”を身に付けてくれているな~と

感じた瞬間でした。 勝負をすれば勝つ者がいれば負けるものもいます。

相手の気持ちになることが出来るのは本当に素晴らしいことですよね。


悔し涙を見れば抱きしめてあげたくなります。でも“もうひと越え!”の壁が

その子の前に有るのなら、頑張ってよじ登っていくのを見守ってあげようと思います。

そして喜びを感じたならばいっしょに喜んでそれを励みに前に進める様に

背中を押してやりたいと思います。
 

こうした勝負やチャレンジは子供たちにとってはとても大きなことで、

そんな経験の中で、自分の心と闘いながらまた一つ大きく成長していって

くれることを願います。


合格した子達やったね!おめでとうこれからまた色々なことに磨きをかけて行こうね!

今回は残念だったみんな、またそれぞれの課題をクリア―して

“次は必ず昇級するぞー!”でまた頑張っていこうね
昇級試験合格 
“一生の思い出”になりたい
道場の卒業生の男の子(高校1年生)が、8月に総院長先生が亡くなった事を知り

お線香をあげに来てくれました。

赤く目をはらして仏壇の前でじーっと何か語りかけている様に手を合わせてくれました。

彼は『いっぱいお世話になって楽しい思い出もたくさん作ってもらったのに何の恩返しもしていない…。』と、

沢山の涙で総院長を弔ってくれました。

彼のお家は自営業なので、小学校の時ふらりと急に総院長が『一緒に東京行かないか?』と

誘って遊びに行ったこともありました。やんちゃ坊主と総院長との渋い浅草珍道中。

彼の中にも強く印象に残った出来事だったようです。(この旅が6年生卒業旅行のルーツなんですよ)


総院長は生前、『門下生がそれぞれの環境でいきいきと活躍してくれることが何よりだ』と

訪ねて来てくれた門下生達に話していたことを彼にも伝えると『頑張ります!』と笑顔を見せてくれました。

そしてまた、『初段取得までは面倒を見たい』と言っていた総院長の思いを伝えると

『初段取得を目標にまた時間を見つけて柔道やってみる』という嬉しい言葉も聞かれました。

本当にうれしかったです。


今回の彼やお母様の訪問を受け、指導者としてこうして卒業後も立派に成長している姿を見せて

もらえることは本当に幸せな瞬間だな~と感じました。


そして、幼児・小学生・中学生という心身ともに成長の著しいこの時期に関わらせて頂いている者として、

私も総院長がしてきた様に、子供たちへ一生の思い出となる様な関わり方をしていきたい…

そう改めて強く思った時間でもありました。


一生懸命やった。楽しく過ごした。自分が成長できた。仲間がたくさんできた。

あの時の あの時間が忘れられない。


そんな風に人生の糧になる場所で有りたいと思いました。
鬼はそとぉぉぉぉ―!
今日は節分

柔道場でもささやかながら豆まきをして鬼退治

今年はちょっと変わった(?)豆まきをしましたよ!

今年の道場の豆まきは“自分の中の退治したい鬼をやっつけろ!”

ってな訳で、“朝寝坊したい鬼”“サボりたい鬼”“声が小さい鬼”… いろんな鬼が登場

それぞれにその鬼に向かって豆を投げての鬼退治

少々手荒な鬼退治となりましたが、これでみんなの自分の中に居なくなって欲しい鬼は

出て行ったかな

平日の豆まきだった為にいつもに比べるとちょっと静かな豆まきになりましたが、

袋いっぱいの豆を持ち帰る“ご満悦スマイル”が今年も見られて良かったでーす
豆まき
プロフィール

仙台安達柔道場

Author:仙台安達柔道場
仙台市内の中心部
青葉区上杉にある柔道場
4歳から中学生までが 
明るく元気に柔道を通して
様々な事にチャレンジ
している道場です!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。