FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2018/10
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
中学の柔道必修化について思う
中学生の柔道必修化について、さまざまな問題が取り上げられていますね。

残念なのは『柔道=危ない』と認識されつつあること。

そもそも武道が必修化された目的はなんだったのでしょうか?


必修化の目的として…

武道の学習を通じて我が国固有の伝統と文化に、より一層親しむことにあります。
武道は、武技、武術などから発生した日本独自の文化であり、
相手の動きに応じて、基本動作や基本技を身に付け、
相手を攻撃したり相手の技を防御したりすることによって、
勝敗を競い合う楽しさや喜びを味わうことができる運動です。
また、礼儀作法や相手への思いやりを習得する機会にもなります。
武道に積極的に取り組むことを通して、武道の伝統的な考え方を理解し、
相手を尊重して練習や試合ができるようにすることを重視しています。

とあります。

文化や作法、礼法や相手を思いやる心を学べることに柔道の素晴らしさがあり、

大事にしなければならないことなのですが、授業や部活で“技”を覚えることに重点が

おかれていってしまうことが大きな怪我や事故につながっているのではないかな…。

と思っています。



相田みつおさんの『受け身』という詩があります。

  柔道の基本は受け身
  受け身とは投げ飛ばされる練習
  人の前で叩きつけられる練習
  人の前でころぶ練習
  人の前で負ける練習です。
  つまり、人の前で失敗をしたり
  恥をさらす練習です
  自分のカッコの悪さを
  多くの人の前で
  ぶざまにさらけ出す練習
  それが受け身です。

  長い人生には
  カッコよく勝つことよりも
  ぶざまに負けたり
  だらしなく恥を
  さらすことのほうが
  はるかに多いからです。

  そして

  負け方や受け身の
  ほんとうに身についた人間が
  人の世の悲しみや
  苦しみに耐えて
  ひと(他人)の胸の痛みを
  心の底から理解できる
  やさしく暖かい
  人間になれるんです。

  そういう悲しみに耐えた
  暖かいこころの人間のことを
  観音さま、仏さま、と
  呼ぶんです。

            あいだ みつを詩集より



こんなことを柔道を通して学び、柔道の素晴らしさを理解してくれる

中学生が多くいることを願いたいと思います。
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

仙台安達柔道場

Author:仙台安達柔道場
仙台市内の中心部
青葉区上杉にある柔道場
4歳から中学生までが 
明るく元気に柔道を通して
様々な事にチャレンジ
している道場です!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。