FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2018/10
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
七海先生が勲章持ってやってきた!
先日、皇居で 勲章授与して頂いた七海先生が、

アダチっ子達にお話をしに来てくれましたよー

七海先生は5年生の頃から柔道を始めました。

柔道場では男の子も女の子も分け隔てなくみんなとワイワイ出来て、

何でも頑張る元気娘。 

そんなみんなの先輩でもある七海先生が、人命救助の功績をたたえられて

頂いた勲章を手に、当時のことをみんなに話してくれました

ななみ先生


七海先生は夏の終わり、ライフセイバーも常駐しなくなった海岸で

友人にシュノーケリングを教えながら遊んでいた時の事。

溺れていた親子3人を発見。救助に向かったそうです。

すると小学生の男の子が2人バシャバシャ。

そばにお父さんは意識を失っている状態でいるのが目に入りました。

「大丈夫ですか?」と声をかけると「助けてー!」と男の子が七海先生の肩にすがりました。

水難救助の多くの場合ではこのようにすがられた時に一緒に溺れてしまうことがあるそうですね。

七海さんも“このままでは私も溺れてしまう”と判断。
 
一度海に潜り離れて「落ち着いて! 足をつかんで!」と指示。 

2人の子供の泳ぎ方を見て泳ぎが上手な子供を後にして、

順番に足をつかませ岸まで泳いで運んだそうです。 

続いてお父さんを岸まで抱えながら泳いで運び、

岸にあげると、胸のあたりまで真っ青になっていたそうです。 

脈を診て、呼吸も確認。意識がもうろうとしているのを見て

“海水を飲んでしまったんだな”と判断したので、水を飲ませて吐かせ、

意識回復をさせ無事に3名の救助が出来たそうです。

アダチっ子達は、夢中で七海先生の話に耳を傾けていました。

3歳の頃から水泳を始め、中学生からはご両親の職業でもあったスキューバダイビングに取り組み、

現在もサーフィンを趣味としている七海先生。

子供達には「私はこうして助ける事が出来たけど、みんなは飛び込んで助けたりしないで」

「周りの人を呼ぶとか、何か浮くものを探してみて!」と話してくれました。

本当に、小さな頃からずーっと海で過ごしてきた彼女だからこそ成し遂げられたことなの

ではないかなと思います。

他にも「もしみんなが溺れちゃったら、力を抜いて浮くんだよ!助けに来た人にしがみついちゃダメたよ」

「沖に流されたら横に泳ぐんだよ!」など、海水浴の注意点なども話してくれました。


 皇居へ招かれての授賞式では錚々たる顔ぶれ、年配の方々が並ぶ中、若干二十歳の彼女も列に加わり、

緊張する中 天皇陛下にお言葉をかけて頂いた時のことも話してくれました。 

「天皇陛下は本当に神様のように凄いオーラなんだよ!」とめったにない体験を話してくれました

そしてそして、頂いた勲章も見せてもらうことに

アダチっ子達も興味津々 重みを感じる大変立派な勲章。

勲章


子供達が最初「わーー!!」「お~お~

と言ってのぞき込むように見ていると、七海先生が「さわっていいよ」と声をかけてくれましたが、

みんな恐る恐るのぞき込む。 きっとみんなにも“立派なもの”というのが伝わったんでしょうね~

その後は手に取りワクワクドキドキで見せてもらっていました

“助けることが当たり前”と大変な人命救助をやってのけた七海先生ですが、

人の為に動ける 心と力(知識)を 身につけている彼女は本当に素晴らしいです

七海先生はこれまで、なんでも全力で取り組んできたことで身につけたことが力となって

今回の人助けにつながったという自分の経験から、 最後子供達に

「なんでもいいから一生懸命!必ずいつか何かの役に立つから、なんでも面倒くさがらずに全力で取り組んでね!」

と話してくれました。

こんな先輩がいてくれることはきっとみんなの誇りになることでしょう

七海先生ありがとうございました
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

仙台安達柔道場

Author:仙台安達柔道場
仙台市内の中心部
青葉区上杉にある柔道場
4歳から中学生までが 
明るく元気に柔道を通して
様々な事にチャレンジ
している道場です!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。